IKKOの劣化がひどい!30kg太った原因とカツラを被っている理由とは?

美容家のIKKOさんが、劣化していると話題になっています!

デビュー当時は女性よりも美しい美脚、プロポーションを保っていたIKKOさんですが、

近年は「太り過ぎ」や「ただのおっさんにしか見えない」など、見た目の変化が著しいようです。

どうしてIKKOさんは劣化してしまったのか、現状と原因について調べてみました!

スポンサーリンク

IKKOの劣化

30kg増加で太り過ぎのIKKO

現在のIKKOさんの体重は85kgと言われています。

IKKOさんの身長は170cm,

同じ身長の男性の平均体重が60.5kgと言われているので、20kgほど重い計算になりますね。

デビュー当時は体重52kgだったIKKOさん。

なんと、30kgも増加してしまったわけです・・・

顎のラインが全然違いますよね・・・

スポンサーリンク

IKKO自慢の美脚の劣化

IKKOさんといえば、美脚が自慢で有名でした!

毎日2時間のウォーキングを欠かさず、マッサージなどのケアももちろん怠らずにされていたのでこの美脚。

女性でも惚れ惚れするほどの美しさですよね。

ところが、最近のIKKOさんはというと・・・

着物姿が多いです!

着物は脚も見えないし、お腹周りも見えません。むしろ寸胴なほうが綺麗に着こなせちゃいますよね。

おそらく、劣化した体型を隠すために着物が増えたのではないでしょうか・・・

スポンサーリンク

ストレスで髪の毛が抜け落ちてカツラ

IKKOさんといえば、前下りボブの髪型がトレードマークですよね。

しかし、現在はなんとカツラを被っていらっしゃるとのこと。

40代の頃に過度のダイエットによって、髪の毛がなくなってしまったそうなんです。

それからは髪の毛を金髪で坊主に近いベリーショートにし、カツラをつけて生活するようになったんだとか。

番組内で、カツラを脱ぎ捨てて地毛を披露したIKKOさんがこちら↓

ありのままの自分を見せる心意気、カッコいいですね!

スポンサーリンク

IKKOが劣化した原因

IKKOはパニック障害による薬物治療していた

IKKOさんは30代の時にパニック障害になったことを告白しています。

(写真はKing&Princeの岩橋玄樹さんがパニック障害で休養中なので、エールを送られているもの)

その当時は独立して『アトリエIKKO』を設立した頃で、数十人もの顧客を抱え、忙しさと責任感でストレスを感じ、さらに経営者としての重圧にも押しつぶされそうになっていた事から過呼吸になったそうです。

それがドンドン重症化し、パニック障害になってしまったんだとか。

さらに美容家としてダイエットにも力を入れすぎて無理をしたことから、栄養が足りなくなり体にも負担をかけていたようです。

仕事も自身の体にも完璧を求めすぎて、無理をし過ぎたんでしょうね。

パニック障害は基本的に薬物治療をしていき、薬の副作用で「太る」、「むくみ」、「抜け毛」などがあります。

治療期間も数年間と長いので、IKKOさんの劣化は薬の影響もかなりあったと考えられますね。

IKKOの加齢

IKKOさんは1962年1月20日生まれの、御年56歳。

IKKOさんは心は女性ですが、身体は男性。

そうです、56歳の男性なので、太ったり、毛が薄くなっていくのは自然の原理。

しかしIKKOさんは美容家なので、独自のケアやエクササイズによって美を保っていらっしゃるのです。

人間は年齢には逆らえないんですね・・・

まとめ

いかがでしたでしょうか?

IKKOさんが劣化した現状と原因について調べてみました。

劣化したといえども、メイクや肌ツヤは衰えを知らないIKKOさん。

もっともっと自分を磨いていい男をゲットします!と宣言されているようで、女性としての美意識は本当に高いですよね。

これからIKKOさんがどんな美容法を披露してくれるのか、今後も注目していきましょう!

スポンサーリンク