高橋一生が痩せすぎたのはなぜ?頬がこけてシワシワで昔とはまるで別人!

俳優の高橋一生さんが痩せすぎだと話題になっていますね。

高橋一生さんといえば、くしゃっとした少年のような笑顔が特徴的ですが、痩せすぎでその笑顔がシワシワだとも言われているみたいです。

子役時代から芸能活動をされていて、昔はかなりふっくらとされていました。

高橋一生さんが痩せすぎた原因や、昔と現在との写真の比較もしながら検証してみました!

スポンサーリンク

高橋一生の現在

まずは2018年現在の高橋一生さんの姿を見てみましょう↓

頬がこけていて、見るからに痩せているのがわかりますね。。。

やはり、細すぎます。手首や首元の細さが際立っていますね。

ニットを着ているのに隠しきれない細さは痩せすぎとしかいいようがありませんねw

スポンサーリンク

高橋一生の昔

高橋一生さんは子役として小さい頃から芸能活動をされていました。

写真は10歳頃の高橋一生さん。子供だということもありますが、かなりふっくらしていますね。

そういえば、声優としても活躍されていましたよね。

ジブリの「耳をすませば」、天沢聖司役でした。

こちらは20代の頃の高橋一生さん。

肌色もよく、頬がふっくらされていますね。

こちらは2015年の高橋一生さん、年齢は34歳です。

まだまだ20代の頃に引けをとらないふっくら感がありますよね。

こちらは、2016年のドラマ「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」に出演されていた時のものです。

2016年は高橋一生さんにとってブレイクのきっかけと言われた年で、年間6本ものドラマに出演されていました。

この頃から仕事が忙しくなり、徐々に痩せすぎが話題になってきたようですね・・・

スポンサーリンク

高橋一生の痩せすぎた原因

1日1食の食生活

どうやら高橋一生さん、1日1食の食生活を15年間続けているそうです。

別にダイエットが目的ではないそうで、役者という職業柄、どんな役にも対応できるようにする為だそうです。

たとえば不健康で暗いキャラクターを演じる時は、そのまま食を更に細くすればいいですし、

反対に明るく活発なキャラクターを演じる時は、食事量を増やして体重をどんどん増やす、というようにコントロールがしやすいそうです。

食べることが好きな人にはなかなか難しい生活ですが、高橋一生さんは食に執着がなく、「お腹が空いたら食べる」というスタンスだそうです。

また、空腹時は頭が冴えるので、集中力を高めるのにもいいと仰っているみたいですね。

高橋一生は腎臓が悪い?

ドラマや映画の時はそこまで気にならないのですが、バラエティーに出演している高橋一生さんの顔色が土色に見えることがあります。

顔色が土色になる原因としては、身体の新陳代謝の低下があるそうです。

その新陳代謝で最も重要な臓器が、腎臓

腎臓の機能が低下するのは、アルコールを摂取しすぎ、ミネラル不足、ストレスです。

多忙な高橋一生さんは全て当てはまりそうですよね。

スポンサーリンク

高橋一生は油分不足でシワが多い?

高橋一生さんは料理の腕前がプロ並みらしく、外食ではなく自炊をされているそうです。

白米ではなく、玄米や雑穀米などを食べたり、揚げ物や高カロリーなものではなく、野菜中心で、茹でる料理などの油分が少なめの食生活をされているのだそうです。

しかもお酒も家ではほとんど飲まないそう。

高橋一生さんはシワが多いと言われていますが、この油分不足が原因とも言われています。

肌のハリや艶には、ある程度の油分が必要で、スキンケアだけでは補えきれないところもあります。

高橋さんのファンからは、

・もっと栄養のある食事を摂ってほしい

・シワが気になるから油ものを食べて!

など、油分不足を心配する声が多数挙がっていますw

シワによって顔の印象はかなり変わるので、痩せすぎに見えやすいことも原因かもしれません。

スポンサーリンク

加齢が原因?

高橋一生さんは今年で37歳。

アラフォー世代というわけで、どんどん加齢による老化が進んでいるわけですね。

一般的に、加齢によって頬がこけてきたり、体重が落ちたりすることはよくあります。

1日1食の食生活や、ヘルシーすぎる食事が加齢による痩せを更に加速させてしまったのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高橋一生さんの痩せすぎた原因や現在と昔の写真を比較しながら調べてみました。

痩せすぎは見た目にも不健康そうに見えますし、何よりファンの方からすると心配になりますよね。

超売れっ子俳優で多忙を極める高橋一生さん、身体だけは壊さないでほしいものですね。

今後の高橋一生さんに注目です!

スポンサーリンク