タッキー&翼の不仲説は嘘?本当は仲良しで解散のきっかけは深いコンビ愛

 

2018年9月10日、タッキー&翼がとうとう解散してしまいましたね。

ファンにとっては事後報告で納得いかないところも多かったでしょう。

今回の解散について二人の不仲説や仲良しエピソード、解散の裏側に隠されたコンビ愛について調べてみました

スポンサーリンク

不仲な時期はあった?

これ、結論から言うと不仲説はあったそうです。

というのも、タッキーが自身の言葉でこうコメントしています。

「ジャニーズJr時代はすごい仲悪かったですね。もう何年も口をきかないっていう。全くですね」

けっこうぶっちゃけてますね。ここまではっきり言っているということは事実なのでしょう。

ジャニーズJrといえば平均年齢14歳ほどで多感なお年頃。

仲間でありライバルでもあるからこそ、嫉妬や妬みがあってもおかしくありません。

きっと滝沢秀明と今井翼も若気の至り、だったのでしょう。

でも18歳の頃に一緒に飲みに行ったことがきっかけで一気に距離が縮まったそうです。

そもそも、本当に相手が嫌いで今も仲が悪かったとしたら、仲が悪かったなんてこと言わないのでは?

二人共大人になって変わったのですね!!

スポンサーリンク

タッキー&翼の仲良しエピソード

デビューも二人で決めた

元々タッキーと翼それぞれがソロでデビューすることが決まっていたそうです。

本人たちはそのことを知らず、新聞で知ったそうw

そこで「俺たち2人で1つのグループにしてもらおう」と、本人たちがジャニー喜多川社長に直談判。最初はグループにすると個人の名前が消えると反対されたが、どうしてもやりたいと懇願してきたのがきっかけだそうですよ!

自分たちの道は自分たちで決める!といった男らしい2人ですよね!!

タッキーから翼への愛

翼の誕生日にはドームを貸し切って野球大会をしたそうです。

カメラ7台、ダンサー50人くらい、ユニホームを作ったり、ハーフタイムの演出やスライドショーなど、

全てタッキーが総監督で作り上げたというから驚き!!

翼さん、愛されてますねw

翼からタッキーへの愛

一方の翼も負けていません!

2011年のコンサートにて3月29日のタッキーの誕生日に翼からプレゼントが。

なんと「添い寝券」「いってらっしゃいのチュウ券」「腕枕券」!!

まるで新婚夫婦のようですねw

しかもタッキーが出演した「滝沢演舞城」の公演に博多まで駆けつけたとのこと。

タッキーはわりと派手なこと、翼は目立たないですが堅実なことでお互いを思い合っているのが伝わりますね。

間逆な二人だがそれこそがコンビなのでは??

解散の裏にはジャニー社長の思い、そして二人の思い

2018年9月13日、ジャニー社長が公式サイトでこう述べています。以下抜粋

これまで私はタレントを生み育てた親(プロデューサー)として、タレント達はどのような場所でどの様な立場であろうと私の大切な子供達であると話して参りましたが、この気持ちに変わりはありません。私のもとで成長しましたタレントたちは全員平等です。彼らが私の創作活動を通じて何かを得て、今後の芸能の発展に貢献してくれれば、これほど嬉しいことはありません。あらゆる分野に活躍の場を広げているタレント達が私の後継者として皆様に夢をお届けし、彼らの活動によって喜んで頂ける方達がいらっしゃることが私にとって最大の喜びです。

これって、タッキーと翼、二人のことでしょうね・・・違う道に行っても応援するよ、という愛情にも捉えれます。

一方の本人達はというと。

滝沢秀明は

「ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意志を継ぎ、ジャニーズJrの育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意いたしました」と述べています。

今井翼は

「まずは自分の身体としっかり向き合うため、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも失くした状態で病気おを克服し、心身ともに健康な状態になることに専念したいと思います」と決意を明らかにしました。

今回の解散は、二人がそれぞれの人生について深く考えた結果、なのでしょう。ジャニー社長もきっとその熱意に負けたに違いありません。

 

まとめ

タッキー&翼の解散はファンにとって、そしてジャニーズにとっても大きな痛手だったのは間違いありません。

しかし、デビューも2人で決めて、今後の人生もそれぞれが決意した道を突き進むと決めたのなら、それがタッキー&翼の姿そのものなのだと思います。

二人の決断を応援しつつ、また二人の姿を見れる日が来ることを願います!!

スポンサーリンク